あなたはこんな量の二酸化炭素を出している(2002.1.11/2006.3.1改訂)

1,呼吸による二酸化炭素の排出
 最初に人の呼吸の方から考えてみます。人の呼吸する空気の量は一日8.6mです。また人の吐く息の中の二酸化炭素の容量は4%といわれています。これから一日当りの二酸化炭素排出量は8.6×0.04=0.34立方メートルと考えられます。
 二酸化炭素の空気に対する比重は1.53ですので、この重さは0.34m×1.2(kg/m)× 1.53=0.6kgとなります。年間では、0.6kg×365日=220kgとなります。

 食べ物は空気中の二酸化炭素を植物が取り込んで炭酸同化作用をおこない、できた有機物がもとになっているので、この0.6kgという数字自体は地球の二酸化炭素を増やす要因にはならないと考えられます。問題は、各種のエネルギー生産のための燃料を燃やす時にでてくる二酸化炭素です。この中には、農耕のトラクター運転のための燃料、肥料や農薬生産のためのエネルギー消費も含まれています。つまり、二酸化炭素を食料としての有機物に転換するのに必要な化石燃料から、二酸化炭素がつくられているのです。
2,我が国の二酸化炭素総排出量
 様々な社会経済活動、生活のため多量の電力、燃料、工業資源が消費されています。これらの活動による我が国の1995年時点の二酸化炭素排出量は表−1に示されていました。燃料の燃焼により9.1t/人・年。最近の資料では内訳が変わってきています。表−2に示されるように1995年以降も排出は多少増えており、2003年で9.35tになりました。総排出量の最近の変化ですが、1990年に9.1tであったものが1995年に9.7tまでになり、その後は増え方が鈍って2000年で9.8t、2003年に9.9t。
 エネルギーを産み出すために大量のCO2が排出されていることがわかります。

表−1 1995年の我が国のCO 2排出量
             政府資料
区分 CO2一人あたり排出トン/年
エネルギー (燃料の燃焼) エネルギー産業部門 2.9
製造業・建設業部門 2.8
運輸部門 1.9
民生・農水産・その他 1.5
エネルギー小計 9.1
工業プロセス 0.5
廃棄物焼却など 0.1
排出の合計 9.7
森林などによる吸収 △0.8
表−2 我が国のCO 2排出量 最近の資料   CO2一人あたり排出トン/年
区分 1995年 2003年
エネルギー起源CO2 産業部門 3.83 3.75
エネルギー転換 0.67 0.67
運輸部門 2.05 2.05
民生部門 2.50 2.87
小計 9.10 9.35
工業プロセス 0.47 0.38
廃棄物焼却など 0.17 0.18
排出の合計 9.7 9.9
全国地球温暖化防止活動推進センター資料から

一人当たりCO2排出量9.1tを一日にすると25kgです。毎日体重の半分近い重量の炭酸ガスを出していることになります。炭酸ガスは一気圧で一立方メートルあたり約2kgの重さですから、その容量は約13立方メートルになります。人生80年とすると日本人一人が一生に発生させる二酸化炭素は730tにもなります。

 森林はCO2を吸収してくれますが、日本は平地が少なく山林など緑地面積が多いのに吸収量はエネルギー発生量の十分の一程度です。エネルギー消費量が多すぎるのでしょうか。

3、二酸化炭素の発生を考える

 現在、エネルギーの主体となっている石油で考えてみます。
 Cを85%、Hを12%とし、100gの石油で考えると、分子量の比から、85gの炭素は85×(44/12)=310gの二酸化炭素となり、12gの水素は12×(18/2)=108gの水となります。このとき使われる酸素量は310+108−(85+12)=321gです。
 321gの酸素を用いて310gの二酸化炭素がでてくることから、二酸化炭素発生量は石油の重さの3倍で燃焼に使われた酸素量と同じと考えましょう。
 我が国の一次エネルギー消費のうち石油・石炭。天然ガスなど化石燃料によるものは石油に換算して4億トンで一人あたり年間3.2トンになります。
 エネルギー発生による二酸化炭素発生量の9トンを考えてみます。
 毎日沢山でるゴミの発生量が一人一日で1kgといわれていますから、年に直すと0.365tになります。化石燃料による、二酸化炭素の一人当り排出量はゴミの発生量の25倍もの量になるのです。